毒戦 BELIEVER

私的総合評価 

期待値 🤩🤩🤩
キャスト ✨✨✨✨✨
ストーリー 💙💙💙
残酷 😨😨😨😨
アクション 💥💥💥💥
切ない 😢


🎥視聴日:2020.8/27(レンタルDVDにて)

Amazonプライムビデオにあります👆

    トクチョン
原題: 독  전 (毒戦) 

韓国映画:2018年

ジャンル:クライム/アクション
時間:123分

脚本:チョン・ソギョン
  「お嬢さん」
  「渇き」
脚本:イ・ヘヨン
監督:イ・ヘヨン
  「京城学校 消えた少女たち」

등장인물♡登場人物

チョ・ジヌン
 [チョ・ウォノ]
  麻薬捜査班 チーム長
ドラマ
「シグナル」
「アントラージュ」
「太陽がいっぱい」
「根の深い木」
映画
「王と道化師たち」
「完璧な他人」
「犯人は生首に訊け」
「お嬢さん」
「殺戮にいたる山岳」
「暗殺」
「チャンス商会 ~初恋を探して~」
「最後まで行く」
「バトル・オーシャン 海上決戦」
「群盗:民乱の時代」
「ファイ 悪魔に育てられた少年」
「パパロッティ」
「悪魔の倫理学」
「容疑者X 天才数学者のアリバイ」
「悪いやつら」
「ベストセラー」
「最高のパートナー」


リュ・ジュンヨル
 [ラク]
  組織に捨てられた男 組織の代理
ドラマ
「運命ロマンス」
「恋のスケッチ~応答せよ1988~」
「プロデューサー」
映画
「金の亡者たち」
「スピード・スクワッド ひき逃げ専門捜査班」
「リトル・フォレスト 春夏秋冬」
「沈黙、愛」
「タクシー運転手 約束は海を越えて」
「ザ・キング」
「奴隷の島,消えた人々」
「グローリーデイ」
TVバラエティ
「花より青春 アフリカ編 双門洞4兄弟」


キム・ジュヒョク
 [チン・ハリム]
  中国麻薬バイヤー
ドラマ
「アルゴン」
「ホジュン~伝説の心医~」
「武神」
「テロワール」
「プラハの恋人」
映画
「王の預言書」
「復讐のトリック」
「コンフィデンシャル/共助」
「ハッピーログイン」
「荊棘(ばら)の秘密」
「ビューティー・インサイド」
「人生のストライクボール」
「カップルズ」
「愛なんていらない」
「シングルズ」他


パク・ヘジュン
 [パク・ソンチャン]
  麻薬ディーラー 組織の常務
ドラマ
「アスダル年代記」
「夫婦の世界」
「マイ・ディアー・ミスター」
「ウォンテッド~彼らの願い~」 他
映画
「がんばれチョルス」
「ユ・ヨルの音楽アルバム」
「チョ・ピロ 怒りの逆襲」
「沈黙、愛」
「女は冷たい嘘をつく」
「探偵なふたり」
「ファイ 悪魔に育てられた少年」 他


チャ・スンウォン
 [ブライアン理事]
  残虐なクリスチャン
ドラマ
「花遊記-ファユギ-」
「君たちは包囲された」
「最高の愛~恋はドゥグンドゥグン~」
「アテナ」
「シティーホール」他
映画
「がんばれチョルス」
「古山子(コサンジャ) 王朝に背いた男」
「ハイヒールの男」
「戦火の中へ」
「シークレット」
「雲が抜けた月のように」他


キム・ソンリョン
 [オ・ヨノク]ヨノクペイント会長

ソ・ヒョヌ
 [チョンイル]麻薬捜査班

カン・スンヒョン
 [ソヨン]麻薬捜査班

チョン・ジュノン
 [トクチョン]麻薬捜査班

チョン・ガラム
  [トンウ]麻薬捜査班


 

줄거리♡あらすじ

長年巨大麻薬組織を追う麻薬捜査班のウォノ(チョ・ジヌン)
その巨大組織のトップはイ先生と呼ばれ
名前、経歴、顏すら誰一人知る者はいない。

ある日麻薬製造工場が爆破
組織の後見人とされるオ・ヨノク(キム・ソリョン)が
命の危機を感じ出頭。

そして爆破事故現場から
唯一の生存者ラク(リュ・ジュンヨル)が救出される
ウォノは組織に捨てられたラクを説得し手を組むことに
大胆な計画を立て、
危険な潜入捜査がはじった…

 

감상♡感想

この映画はね~
なかなか奥が深かった~

ここ最近よくお目にかかる
チョ・ジヌンssi主演の映画。

やっぱり刑事役が良く似合う
この映画の為に10㎏も減量したんだって
だんだんカッコよくなってる~
演技もすごかった~
見たら分かると思うけど
迫真の演技に目が離せない。
ラストの繊細な心を現した悲しい表情にも注目です

そしてもう一人の主役
リュ・ジュンヨルssi
彼も決してイケメンではないけど
体や演技から魅力がにじみ出てる感じで
大好きな俳優さん。
今回はあまり感情を出さない
無口な役柄だったんだけど
存在感はバッチリ。

他にも豪華キャスト目白押し。

まず、
私の胸を切なくさせたのは
この映画が遺作となってしまった
キム・ジュヒョクssi
なんともサイコな麻薬中毒者を全力で演じていた
ヤバイ顏してた~
あまりのすごさに見入ってしまった。

そして、特別出演の
チャ・スンウォンssi
彼も独特の濃ゆいキャラで魅せてくれました
シリアスなシーンでも何故か笑えるスンウォンssi。

もうひとり。
私の一押し
チョン・ガラムssi
麻薬班の一番若いイケメン刑事。
どっかで見たことある~っと思ったら
「感染家族」で最初のゾンビ感染者役の彼だった
キム・スヒョンssiに似た風貌でカッコいい~
これから注目したい俳優さんだ!

おまけに
イ・ミンホssiも写真で登場(笑)

と…
キャストも物凄く豪華だし
それぞれの役者さんたちの演技も
とても素晴らしくて申し分ない。

ストーリーも引き込まれてとても面白かった。

だが、
ただのノワール映画だと思ったけど
それだけじゃなくて、
なんとも奥の深いものだった。

映画の内容自体は
それほど難しいものではないんだけど
この映画で真に伝えたかった思いは
1回見ただけでは理解できなかった。

何とも後を引く結末に
しばらく余韻が残る~

いったいどういいうこと?
どうなったの?
この映画の結末は?

どうしても結末が気になり
解釈を求めてググってみた。

なるほど…。
そういうことか…。

主演のチョ・ジヌンssiや
リュ・ジュンヨルssiの
映画についての記事を見ると
もっと深いものが見えてきた。

確かに…
言われてみれば…
なるほど。
そいう解釈か。
意味を理解すると
あのシーンはそいう意味か
あの表情はそいう意味か。
と納得。

韓国でも結末が話題となり
拡張版が公開されたらしい。
ラストのシーンが数分ほど追加されたとか…

気になる方はYouTubeで見れます
字幕はありませんでしたが…。

全ての意味を理解した時
もう一度みたくなる
そんな映画でした。

あ~
悲しい余韻が残るわ~

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

PAGE TOP