探偵なふたり

私的総合評価 

キャスト ✨✨✨
ストーリー 💚💚
スリル 💥
笑い 😁😁
視聴後の気分 まあまあ

🎥視聴日:2016.10/18

原題:탐정:더 비기닝
(探偵:ザビギニング)

制作年:2015年
時間:120分
監督:キム・ジョンフン
 「くだらないロマンス」

スポンサーリンク

캐스탕♡キャスト

クォン・サンウ
ドラマ
「推理の女王2」
「推理の女王」
「誘惑」
「メディカルトップチーム」
「野王」
「レディプレジデント~大物」
「シンデレラマン」
「BAD LOVE~愛に溺れて~」
「悲しき恋歌」
「天国の階段」他
映画
「ラブ・アゲイン~2度目のプロポーズ~」
「痛み」
「戦火の中へ」
「悲しみよりももっと悲しい物語」
「宿命」
「青春漫画~僕らの恋愛シナリオ~」
「美しき野獣」
「恋する神父」
「マルチュク青春通り」
「同い年の家庭教師」
「ひとまず走れ!」

ソン・ドンイル
ドラマ
「青い海の伝説」
「花郎(ファラン)」
「麗 花萌ゆる8人の皇子たち」
「恋のスケッチ~応答せよ1988~」
「大丈夫、愛だ」
「応答せよ1997」
「負けたくない!」
「逃亡者 PlanB」
「僕の彼女は九尾狐」
「チュノ~推奴~」
「彼女がラブハンター」
「ニューハート」
「魔女ユヒ」 他
映画
「ラブ・アゲイン~2度目のプロポーズ~」
「メタモルフォーゼ-変身-」
「ミッドナイト・ランナー」
「ザ・キング」
「大好きだから」
「特別捜査 ある死刑囚の慟哭」
「殺人の輪廻」
「優しい嘘」
「怪しい彼女」
「家門の栄光5 家門の帰還」
「風と共に去りぬ!?」
「S.I.T.特命殺人捜査班」
「依頼人」
「カエル少年失踪殺人事件」
「フェスティバル」
「ボクとマウミの物語」
「怪盗ホン・ギルドン一族」
「国家代表」
「カンナさん大成功です!」

줄거리あらすじ

警察になりそこねた、
推理力抜群のまんが喫茶店長と
“人喰いざめ”の異名をもつ
ベテラン刑事がタッグを組んだ!

推理をすることが趣味の
まんが喫茶店長カン・デマン(クォン・サンウ)。
友人刑事ジュンスの務める警察署に出入りしては、
刑事顔負けの推理を繰り広げ、刑事たちに疎まれる存在。
広域捜査隊のレジェンド
ノ・テス(ソン・ドンイル)はベテランのハミ出し刑事。
デマンの友人ジュンスの相棒である。

ある日ジュンスが殺人の容疑者にされてしまう。
ジュンスの容疑を晴らすために
推理の天才デマンと
広域捜査隊のレジェンド テスがタッグを組んで
捜査に乗り出した。

감상♡感想

クォン・サンウssi超久しぶりの主演映画じゃない?
「痛み」以来かな?
「痛み」が2011年だから実に4年ぶり?
その間にドラマいくつか出てるから忙しかったのかな?

見始めのイメージとしては
映画「美しき野獣」のような刑事役なのかと思いきや、
刑事になりそこねた、まんが喫茶のオーナーじゃないの。
しかも赤ちゃんの世話から始まる。
さすが二人の子持ち。
抱っこする姿が様になっている。
おしめも変えられるし、
子供慣れしてるなぁ。
これからは優しいパパ役とかいいかも!

刑事役のソン・ドンイルssi
このアジャシ~も数々のドラマに出演しているベテランさん。
いつも面白い役で笑わせてくれる。
いいキャラだよなぁ。
最近主役級の映画やドラマが増えてる。
絶頂期かな?
確かにいい味だしたおじさんだもんなぁ。

今回はすこし真面目な感じの役。
できる刑事。
ふざけたところがない。
珍しいなぁ。
今からかなぁ。
クォン・サンウとの掛け合い面白そうだけどなぁ。

デマンとテスが手を組んだあたりから面白くなってきた。
笑えるシーンも多々あり하하하~ (˙▽ ˙)

なんだかんだで結局韓国は女が強い。
尻に敷かれたもの同志急に親しくなったから笑える~

韓国のサスペンスにしては内容が薄い感じだなぁ
予想外の犯人ではあったが、
ストーリー的にはありふれた感じ。
キャストが有名どころだから楽しめたが…。

サンウssi少し老けたなぁ。
サンウssiの魅力があまりみられない映画だった。
残念。
やっぱ彼は恋愛もの。
ラブコメか、号泣ものが似合ってる気がする。
私個人の趣向かもしれないが…^o^ 하하

最後はやっとふたりらしくなった。
恐妻をうまく丸め込んで探偵やることになって。
これからが面白そうだけど…。おわりかい😅

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

PAGE TOP