京城学校 消えた少女たち

私的総合評価

キャスト ✨✨✨
ストーリー 💙💙💙
恐怖 😱😱😱
涙 😢😢

🎥視聴日:2017.10/8~10/9

原題:경성학교:사라진 소녀들
(京城学校:消えた少女たち )

制作年:2015年
時間:99分
脚本:イ・ヘヨン
監督:イ・ヘヨン

スポンサーリンク

캐스팅♡キャスト

パク・ボヨン
(チャ・ジュラン 静子役)
ドラマ
「アビス」
「力の強い女 ト・ボンスン」
「ああ、私の幽霊さま」
映画
「超感覚カップル」
「過速スキャンダル」
「私のオオカミ少年」
「僕らの青春白書」
「フィッシュマンの涙」
「恋するインターン ~現場からは以上です!~」
「君の結婚式」


パク・ソダム
(ホン・ヨンドク 和恵役)
ドラマ
「青春の記録」
「ビューティフル・マインド」
「シンデレラと4人の騎士」
「初めてだから」
映画
「パラサイト 半地下の家族」
「プリースト 悪魔を葬る者」


オム・ジウォン
(校長 加藤早苗役)
ドラマ
「操作」
「3度結婚する女」
「限りない愛」
「愛もお金になりますか?」
「サイン」
「恋愛マニュアル~まだ結婚したい女」
映画
「感染家族」
「女は冷たい嘘をつく」
「リバイバル 妻は二度殺される」
「ソウォン/ 願い」
「結界の男」


줄거리♡あらすじ

1938年 京城近郊にある療養学校。
外部とは一切遮断された影を感じる場所。
幼い時から体が弱かったジュランは継母にこの学校に連れてこられる。
異様な雰囲気の学校になかなか馴染むことのできなジュラン。
そんなジュラン(静子)を気遣ってくれたのは、級長のヨントク(和恵)。
和恵と親しくなった静子は和恵と共に優秀学生だけが行くことのできる東京への留学を夢見るように。
そんなある日、学生に異常な行動が現れ、一人また一人と消えていく…。
静子は消えた少女を目撃するも誰も彼女の話を信じてくれない。
そしてやがて彼女にも消えた少女たちと同じような症状が出始める…。

감상♡感想

そういうジャンルの映画だったのね。

パク・ソダムとパク・ボヨン見たさに見始めたが、ホラー系だったとは…😅

貞子を思い出す怖さ
怖くて目を覆ってしまう場面もあり
ドキドキスリルはある

ミステリーな部分も多く
最後まで楽しめた。

だけどこの映画
日本人の私としては
悪意を感じた。

やっぱり韓国は日本が嫌いなんだな。
悪いことや残酷なことは全部日本。

感じ悪いわ(-_-+)

韓国好きの私としては
ホントに残念で仕方ない。

映画「お嬢さん」でも
日本をすごくバカにされてる気分になったがこの映画でも嫌な気分にさせられた。

今回も、「お嬢さん」同様
日本語を話すシーンが多かった。
でも、この映画は韓国人が話す日本語にも
すべて字幕があったので理解しやすかった。
字幕なしだとなかなか聞き取れなっただろう。

校長役のオム・ジウォンssi
すごくいい!優しい笑顔が怖い~💦
コミカルな役もできるし、こういう役もやりこなす❕

スポンサーリンク

ここからはネタバレあり

結局何?
悪い日本人の指示で、
体の弱い人間を実験台に、
超人的な能力にする為の人体実験をさせられてたと?
そういうことか?
極悪非道な日本人ってこと?

ストーリーとしては面白かったけど、
日本人としては面白いとはいいがたい作品だったなあ。

残念

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

PAGE TOP