ときめき プリンセス婚活記 

私的総合評価 

期待値 🤩🤩🤩
キャスト ✨✨✨✨✨
ストーリー 💙💙
ドキ&きゅん 

🎥視聴日:2021.6/1(Netflixにて)

原題:궁합 (相性)
英題:The Princess and the Matchmaker
韓国映画
 2018年
ジャンル:ロマンス、コメディ
時間:1時間50分

脚本:イ・ソミ
監督:ホン・チャンピョ

등장인물♡登場人物

シム・ウンギョン
 [イ・ソンファ]
  婚期をむかえた姫
ドラマ
「のだめカンタービレ~ネイルカンタービレ~」
「赤と黒」他
映画
「ときめきプリンセス婚活記」
「サイコキネシス -念力-」
「操作された都市」
「新 感染 ファイナル・エクスプレス」(特別出演)
「少女は悪魔を待ちわびて」
「怪しい彼女」
「サニー永遠の友達」
「ロマンティックヘブン」
「ヘンゼルとグレーテル」


イ・スンギ
 [ソ・ドユン]
  監察官 占術師
ドラマ
「花遊記-ファユギ-」
「プロデューサー」(カメオ出演!?)
「君たちは包囲された」
「九家の書」
「キング~Two Heart」
「最高の愛」(カメオ出演!?)
「僕の彼女は九尾狐」
「華麗なる遺産」
映画
「ときめきプリンス婚活記」
「今日の恋愛」


キム・サンギョン
 [ヨンジョ]
  王。ソンファの父。占いを信じる
映画
「死体が消えが夜」
「ときめき プリンセス婚活記」
「一級機密」
「鬼はさまよう」
「悪魔は誰だ」
「殺人の追憶」


ヨン・ウジン
 [ユン・シギョン]
  ソンファの婿候補
ドラマ
「君の歌を聴かせて」
「プリースト~君のために~」
「法廷プリンス-イ判サ判」
「七日の王妃」
「内省的なボス」
「また!?オ・ヘヨン~僕が愛した未来」
「離婚弁護士は恋愛中」
「恋愛じゃなくて結婚」
「星から来たあなた」
「男が愛する時」
「アラン使道伝」
映画
「出国 造られた工作員」
「ときめき プリンセス婚活記」
「キム・ソンダル 大河を売った詐欺師たち」
「ただの友達?」


カン・ミニョク
 [カン・フィ]
  ソンファの婿候補
ドラマ
「Oh! ご主人様〜恋ができない僕とカノジョの同居生活」
「病院船~ずっと君のそばに~」
「タンタラ」
「相続者たち」
「オレのことスキでしょ。」
「大丈夫、パパの娘だから」


チェ・ウシク
 [ナム・チホ]
  ソンファの婿候補
ドラマ
「サム、マイウェイ〜恋の一発逆転!〜」
「ホグの愛」
「運命のように君を愛してる」
「TEN」「TEN2」他
映画
「狩りの時間」
「ムルゲ 王朝の怪物」
「ディヴァイン・フューリー/使者」
「パラサイト 半地下の家族」
「The Witch 魔女」
「ゴールデンスランバー」
「新 感染ファイナル・エクスプレス」


ミンホ
 [ソ・ガユン]
  ドヨンの弟
ドラマ
「都会の男女の恋愛法」
「世界で最も美しい別れ」
「恋するダイアリー~君と僕をつなぐ時間~」
「花郎(ファラン)」
「おひとりさま~一人酒男女~」
「初めてだから」
「メディカルトップチーム」
「花ざかりの君たちへ」他
映画
「長沙里9.15」
「人狼」
「ときめき プリンセス婚活期」
「アンダードッグ 二人の男」他


 

줄거리♡あらすじ

占いを信じる王。

国に深刻な日照りが続き
姫の婚礼だけがこの事態を解決すると信じる。

4人の婿候補が選ばれ、
朝鮮最高の占い師ドユン(イ・スンギ)によって
婿候補と姫の相性を鑑定してもらうことに

そんななか
見ず知らずの男との婚礼に不安を抱いたソンファ姫(シム・ウンギョン)は
こっそりと王宮を抜け出し婿候補の調査を始めるのだった…。

 

감상♡感想

イ・スンギ主演映画で
タイトルもラブコメ的で私好み
見たいなぁ~っと思っていた作品
期待して見始めた

キャストはとっても豪華!
私の大好きな
イ・スンギssiに
ヨン・ウジンssi。
カン・ミニョクssiに
チェ・ウシクssi
ミンホssi
そして
ベテランのキム・サンギョンssiまで
それだけでテンションあがるはずなのに…

内容は…😅
残念。
まず、ヒロインが好きになれず…

この女優さん韓国は名の知れた女優さんで
たくさんの映画やドラマに出演している
ベテラン女優さんだけど
どうも顔が好きになれず…

サスペンス系の映画では
とてもいい味だしていい感じなんだけど
ラブロマンス系はやっぱり無理でした

まず私の拒絶反応が凄かった
だから物語にも入り込めず

スンギssiとの恋愛も
いったい彼女のどこに惚れた?
いつ?
っと気持ちがついていかず。

えぇっどこがラブロマンスなの?
っとツッコみたくなるほど…。
少しのキュンもなく終了

素敵なラブロマンス期待してたのに
とっても残念な映画でした。

シム・ウンギョンssiが好きな人なら
もっと楽しめたかもしれません。

私個人的には
無理な映画でした。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

トラックバック URL

https://kandoranosekai.com/the-princess-and-the-matchmaker/trackback/

PAGE TOP