愛の迷宮-トンネル-

私的総合評価

キャスト ✨✨✨✨
ストーリー 💜💜💜💜💜
ラブ&きゅん 💕
悲泣 💧💧💧
感動 😭😭😭😭
笑 😊

📺視聴期間:2018.2/7~2/11

原題:터널(トンネル)
2017年 韓国ドラマ
放送局:OCN(局歴代1位の視聴率を記録)
全16話
レンタルDVD 全13巻
脚本:イ・ウンミ
演出:シン・ヨンフィ

スポンサーリンク

캐스팅♡キャスト

チェ・ジニョク
(パク・グァンホ)
ドラマ
「皇后の品格」
「恋の記憶は24時間~マソンの喜び~」
「傲慢と偏見」
「運命のように君を愛してる」
「エマージェンシー・カップル」
「相続者たち」
「九家の書」
「パンダさんとハリネズミ」
「私の娘コンニム」
「ロマンスが必要」
「大丈夫、パパの娘だから」
「パスタ~恋が出来るまで~」
映画
「神の一手」
「音痴クリニック」

ユン・ヒョンミン
(キム・ソンジェ)
ドラマ
「愛しのホロ」
「ケリョン仙女伝~恋の運命はどっち!?~」
「魔女の法廷」
「グッドワイフ」
「ビューティフルマインド」
「いとしのクム・サウォル」
「純情に惚れる」
「恋愛の発見」
「感激時代」
「ハートレスシティ~無情都市~」 他
映画
「人生のストライク・ボール!」

イ・ユヨン
(シン・ジェイ)
映画
「マリオネット 私が殺された日」
「あなた自身とあなたのもの」
「あいつだ」
「背徳の王宮」
「アトリエの春,昼下がりの裸婦」
「かくれんぼ」

줄거리♡あらすじ

時は1985年 物語のはじまり。
スカートをはいた女性がストッキングで絞殺されるという事件が起こる。
そして、次々と同じような事件が続く。
担当刑事パク・グァンホ(チェ・ジニョク)は強力班10年のベテラン刑事。事件を追うも犯人を特定できずにいる。
1986年。グァンホはヨンスクと結婚。幸せな日々を送るも未だ犯人は捕まらず。
犯人の手がかりを探しトンネルにやってきたグァンホはそこで犯人に遭遇。必死に追うも犯人に殴られ気を失ってしまう。

目が覚めたグァンホ。
警察署に戻るも、自分の席には見知らぬ男キム・ソンジェ(ユン・ヒョンミン)が、何かが違う…。何もかも変わっている。
そう、彼は犯人を追いかけて30年後にタイムスリップしていたのだった…。

ちょうどその頃、同じ名前の刑事パク・グァンホが配属早々行方不明に。
まるでグァンホの居場所が準備されたかのように…。

彼は88年生まれのグァンホとして冷徹で変わり者のソンジェとコンビを組み捜査に乗り出す。
だが、30年前の事件は記録すら消され手がかりがない。
そんな時30年前の被害者と同じ印を持つ変死体が見つかる…。

難航する捜査に犯罪心理学者で大学教授を務めるシン・ジェイ(イ・ユヨン)も加わり犯人を絞りだす。
必死で捜査を続けるうち、どこか陰がある謎の心理学者に惹かれていくソンジェ。
そして、愛するヨンスクの元へ戻る為必死で犯人を追うグァンホ…。

それぞれの愛は迷宮を抜けることができるのか…。
そしてグァンホは、30年前へ帰ることができるのか…。

감상♡感想

面白い。ハマった~😆

序章の1話はまぁこんなもんかなって感じ。
30年前ということもあり、映像は古めかしいし、服装や髪型もイマイチ。
全く面白くない。
そこは事件の始まりだから、頑張ってみるべし!

序章が終わりいよいよ本編。
タイムスリップ。
私の好きなジャンルだわ。
主人公が想像もつかない世界へ行ってしまう。
その時の主人公のビックリする様や行動を見るのがとても面白い。

でもこのドラマ、メインがソコじゃないのよね。
ジェネレーションギャップもあっさりしたものだった。
それによるドタバタがなかったなぁ😅
そこはあえて軽く流してた。
あまりコミカルにするとサスペンス性が削がれちゃうからね。

2016年でグァンホが遭遇した事件。
事件のひとつ、ひとつが面白かった。
ソンジェとの関係も少しずつ良くなっていきドラマでは重要な出来事。

過去の事件とは全く関係ない事件かと思っていたが、すべてがつながっていて、後でなるほど…。そういうわけか!と納得。

主要キャストの一人一人も意味のある存在で全く無駄がない。
ソンジェやジェヒが何者なのかは何となく予想はついていたが、それがいつどのように知ることになるのか、どういう経緯でそうなったのか続きが気になって気になって…。

そして、メインではないけど少しだけあるソンジェとジェヒの恋。
そこはサスペンスドラマ。
大っぴらに恋愛をしたりはしない。
心に傷を抱える二人。お互い同じような何かを感じたのかもしれない。
静かに思いあうふたりの視線や言葉が心にキュンとするんだよね。
そこんとこ上手く描かれていたと思う。

サスペンスだからと暗いばかりでもなく、いいドラマには必須のコミカルな部分もあり。
笑いも必要でしょ!
それを担ったのが、テヒ(キム・ビョンチョル)&ミンハ(カン・ギヨン)コンビ。

キム・ビョンチョルssi最近とってもいいキャラ演じてる!
トッケビ」では見るからに恐ろしい悪霊。
「ショッピング王 ルイ」でもちょっと抜けた面白い課長役で笑えた。

そして、いつも明るくハジけたキャラのカン・ギヨンssi。
「キスして幽霊!」
「ナイショの恋していいですか!?」
うるさいくらい喋るキャラでしたが、今回は少し抑え気味に笑いを見せてくれました👍

ふたりのコンビがとても愛らしくチョア!

最後は感動で超泣いちゃいました😭😭😭
グァンホの人柄はもちろん、仲間の刑事たちがとてもいい人たちで、
ソンジェとジェヒも見守りたくなるようなふたりで…。

最後まで楽しませてもらいました!

このドラマのその後妄想してみました。
ネタバレありなのでページ最後に綴っています。

邦題に一言❗

「愛の迷宮-トンネル-」ってどうなの!?
確かに愛はあったかもしれないけど、愛の迷宮ってちょっと笑った😅
見終わった後考えてみるとまるでピンとこない。
まるで愛が絡み合ってもじゃもじゃしてるような印象うけちゃうじゃない。
もう少し切れのあるタイトル欲しかったなぁ~。
チャラリ シンプルに「トンネル」だけでも良かったと思う。
ま、愛の迷宮って入れるだけで愛憎劇ってイメージだから、ただのサスペンスイメージさせるよりはおばちゃまウケよささうだけどね。
売り上げも変わってくるだろうし!戦略だな。

スポンサーリンク

♪OST♪

♪세상은 다시 / JK 김동욱
セサンウン タシ / JK キム・ドンウク

📀トンネル Original Sound Track

01. 58年生まれ パク・クァンホ
02. トンネル
03. ねじれた時間
04. 囮
05. 涙の筋
06. 愛し合う私たち
他 全25曲

グァンホその後👇ここからはネタバレあり⚠

グァンホが過去へ戻ったその後…。
(未視聴の方には意味不明かもしれません。もしかしたら見た方でも意味わからないかも…。悪しからず(;^_^)

結局、2016年で犯人を逮捕、過去に戻れたのはいいが、その先の事をどうしても考えてしまう私。

2016年では行方不明でいない者となっていたグァンホ。
ヨンシクも亡くなり養子に出され不憫な人生を送るジェヒ。
医者になるはずが、母が殺害されたと知り警察官になったソンジェ。

グァンホが過去へ戻れたということは、ヨンシクも死なないわけで、ジェヒもヨンホとして両親に愛されながら幸せに暮らすはず。
もちろんソンジェは医者になるだろう。
実際に幼いソンジェはすでにヨンホと出会いグァンホ家族と親密になっている。

犯人を知るグァンホは被害者を増やさない為にモク・ジヌを逮捕するはずだし…。

そうなってくると未来だいぶ変わるよね。

2016年で出会った彼らはだいぶ変わるよね。
部下のソンシクが班長ってことはグァンホはもっと出世してるだろうし、
ソンジェとヨンホの性格も、仕事も違うものになってるだろう。

ソンジェとヨンホも違う形で恋愛し結婚してるかもしれないし、
もう一人のパク・グァンホも死なずに警察官として生きているはず。

どうせならその後の2017年も見たかったなぁ…。

願わくば、グァンホの記憶をもった刑事仲間たちと、還暦近いグァンホが再会しそれを喜ぶシーンも見たかった。
ソンジェもヨンホも変わった未来は複雑に変化して難しい設定になるだろうけど…。

そこまで見れたら私としてはパーフェクトなドラマだったんだけどなぁ。

更に妄想!
2016年の彼らは消滅したわけではなく
パラレルワールドとして別世界で存在して、
きっと幸せな日々を送っているはずだ…。

と。
いろいろ考えてしまった😅

見終わったあともいろいろ考えて楽しめるドラマ🤩🤩

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

PAGE TOP